FC2ブログ
HDT・Hoshino's blog 「小さな発見!」そこから生まれるイメージワークス

スポンサーサイト
[No.] -------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
造形を考えるとき
[No.79] 2010-01-24 Sun 22:40
造形とは立体を考えるゆえ、縦、横、奥行の3次元。

数学的な要素も多分に関わってくる。

自分は建築設計ではないため、それほど専門的な知識は
必要ないが・・・
それにどちらかと言えば数学は遠慮したい人間だし・・

その中でも仕事上「頭の体操」の意味で参考にしている
図書の中の1冊がある。

DSCN2183_convert_20100124221851.jpg

絵画、彫刻など芸術を紹介するものではなく、とは言え
専門的な数学書でもない。

中身はこんな感じ・・
DSCN2184_convert_20100124221947.jpg

いわゆる「ピタゴラスの定理」や「ユークリッド」など
幾何学的(ジオメトリックス)に形を考えるとどうなる
か、簡単に言えばそのような発想の手掛かりになりそう。

黄金分割もそうだが、我々が潜在的に形にしていること
を芸術と数学と言う交点から再認識する感じ?

著者はイギリスの物理学者なので芸術家ではない。

文章が割と「こむずかしく」書いてあるのでスラスラと
は読めない。ひとつひとつ文章を噛み締めながら(笑)
理解して読んでいけば、意外とのめり込める本だ。



にほんブログ村 デザインブログ 空間デザインへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
別窓 | 手掛けた仕事。。 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<作品ギャラリー | HDT・Hoshino's blog | 祈願>>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| HDT・Hoshino's blog |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。